中学受験での塾の活用法

まず、結論から言うと、中学受験には塾や家庭教師が必要不可欠です。入試問題を一目見てもらえればその理由はすぐに分かるはずです。小学校の授業でやる内容とはレベルが明らかにかけ離れています。受験する学校のレベルが上がるにつれて、その差は顕著になります。

中学受験とは小学校で習ったことの応用だと言う人もいますが、だからと言って塾が必要ないということにはなりません。積分が微分の応用だからと言って、微分を習っただけで積分の問題が全て解けるようになることはないのと同じです。

塾なしでも国立大学に合格したと豪語する人もいます。大学にそういう人がいても、進学校の中学にはまずいないでしょう。中学入試の算数の問題というのは異質です。有名大学に通う人でも、中学受験を経験してなければ、解けないことも多いです。なまじ方程式や公式等、便利なものに慣れ親しんでる以上、急にそれらが封じられた時にどうすればいいのかが分からなくなります。大学受験は、公式やその適用を学べばいいですが、中学受験では一からそれらを構築しなければなりません。そのために塾では算数的な考え方を必死で教え込まれるのです。

以上の理由から、塾や家庭教師などは、中学入試に必要不可欠です。同じ中学を目指す友達と切磋琢磨したり、多くの生徒を見てきた先生にアドバイスをもらったり、知識以外に得られることもあります。